--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.09/22(Sat)

会ってみて 

先日、母親と無事対面した。
久しぶりに会ったので、流石に辛口トークが少なかった。
いつもこんなだったらいいんだけどな。
今回の目的は、母親が私たち親子名義の貯金をするため。
うちの母親の口癖は「老後は子供の世話にならない」。
それだけ貯金をもているという事を繰り返して言っている。
余剰のお金は私たち親子の口座に入れている。
今回も60万入れていた。
有難いんだけど...ありがたいんだけど...ありがたいんだけど...
それよりも、お金のことよりも、いざ寝ついた時の事を考えて欲しい。
誰に面倒を見てもらうか、はっきりさせて欲しい。
弟か私か?
もしも私におはちが回るならそれなりに覚悟を決めさせてほしい。
父78歳、母71歳、いつ倒れても痴呆になってもおかしくない年齢だ。
母も父も病院に入院する金があるから大丈夫だと言うが、
病院に任せっきりって言う訳にも行かない。
まして、車で行かなくてはならないような病院に入院したら?
病院も症状によっては3か月で出されてしまう。
そうしたら在宅看護になる。
年老いた連れ合いをずっと一人で面倒見れる?
考えて欲しかった。
私に頼らなければ、老後はしんどいという事を。
当てにしてないというけれど、見過ごせるほど薄情な娘じゃないよ。
そこのところ分かって欲しい。

弟は両親と同居しているが、ほとんど口を利かない。
今年になってやっと就職した。
それまで引きこもり10数年、親が食事を部屋の入口まで運んでいた。
かなり精神逝っちゃっている。
なのに親は暴れると怖いので当たらず触らず。
弟、43歳...典型的ヒッキー体系。
ハゲ頭にメタボ体系、絶対に成人病患っている感じ。(人の事言えないでね)
こいつが倒れてヨイヨイになったら...
結局両親が面倒みるか、私かだ。
...早く逝って欲しい。
私の人生においてこいつが役に立ったのは、喧嘩した事によって腕力が強くなったことだけだ。
ただ、今からでも嫁を貰ってまっとうな生活するなら、長生きしても良し!
嫁になる条件はただ一つ、私に友好的であること。
それ以外は望むまい。
なに?それが一番難しい?
うー、そりゃそうだな(苦笑)
スポンサーサイト
EDIT  |  18:46 |  気づいた事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。