--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.06/30(Sat)

住めば都 

そう思っている人があまりにも多くて愕然。
なんで、そこで満足できる?
やっぱり日本人て農耕民族だったのね。
しょうがない事だけど、狩猟民族の血を引く者を排除しなくてもいいんじゃない?

育った所を悪く言うのがそんなに悪い事なのか?
育った所がいいなら、何故、この市の人口が増えるのか?
今、住んでいる市のほとんどの市民が他から流れてきている。
ひとつは、都内および横浜から。
これはバブル期に土地の高値から仕方なしに移ってきた感満載。
もう一つは、地方からやって来た方々。
その人たちにとっては、この市は適度に都会で適度に緑がある、と言っている。
緑がある?この何年かで半分以上減った緑を見て良くそんな事言えると思う。
大きな地主の家は遺産相続でつぶされ、30坪の建売と化す。
大きな森が公共の施設となる。
もちろん、緑はつぶされていく。
道路が広がる、その分緑は消えていく。
市営団地が高層化した。
緑は消えた。
河原に出来た公共の施設、緑を犠牲にした。
畑は農薬まみれ、農家は自分のうちように特別な畑を持って無農薬で育てている。
車がないと生活に困る地域。
河岸段丘のため、どこに行くにも坂坂坂。
ああ、私はここから逃げたい!
そう思って何度も脱出を試みた。
体力と金銭面で何度も戻るはめに。
何度戻ってもなじめないこの地。
文句を言いながら住んでいる両親。

そして、私は遂に脱出した!
河岸段丘の上の段に住むことに成功した!
初めから、上の段に住んでいる市民にはわからないだろうが、
貧乏人が下の段に住むと、辛い物があった。
今でも、そういう生活をしている人がいる。
そして、上の段に住むことを夢見ている。

下の段に住んでいた友達は、ほとんど上の段に引っ越した。
もしくは嫁に行った。
どう言うわけか、そういう人たちは実家に余り帰らない。
下の段に家を買って、耐えきれなくなって引っ越した友人も複数いる。
もちろん、逃げ出した嫁、婿養子も多い。

精神的に追い詰められた場所をいいところです、何て言えない。
私は小学生の時に転校して来て、地元民にさげすまれ
同じ転校生からは八つ当たりの対象にされた。

星がきれい?今のここでの星がきれい?
昔はこんなもんじゃなかった。
流れ星が降るように見えた。
空一面、星、星、星、だった。

相模原のいい所は自然、それがなくなった以上は利便性にしか魅力を感じない。
作られて自然は自然じゃない!!

と、まぁ、こんなもんでしょう。
ちょっと、言い足りなかったけれども、これでスッとしたわ。
文句あるなら、かかってこい!!

スポンサーサイト
EDIT  |  07:45 |  気づいた事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。